先輩からのメッセージ

沖縄の海と患者さんの笑顔が、
私の肩の力を抜かせてくれる。

介護福祉士 玉井 真季子

2015年入職 
高校卒業後、動物関係の専門学校に入学。その頃祖母が入院し介護が必要になったことをきっかけに介護の道へ。専門学校卒業後に介護老人保健施設に入職。結婚・出産を経た後、当院で看護師として働く母親の勧めもあり入職、現在に至る。介護福祉士資格保持者。

子育てをしながらでも働きやすい環境に惹かれた。

私が介護の仕事を選んだのは、祖母の入院がきっかけでした。それまで元気だった祖母に介護が必要になり、看護師の母親と一緒に面倒を見る中、私自身も介護の知識や技術を身につける必要性を痛感したのです。もともとは動物関係の仕事を目指していましたが、介護の道へ方向転換を決めた後、10年間は介護老人保健施設で勤務しました。当院への転職を決めたのは、結婚・出産・育児と家庭環境が変わっていくのに合わせて、より働きやすい職場を探していたから。当院で看護師として働く母親から「子育てと両立できる環境だ」と勧められたことが大きいですね。実際に働いてみると、スタッフ同士の理解もありますし、夜勤や土日祝日の勤務もなく、子育てをしながら無理なく働けています。

 

患者さんとの距離感の近さがやりがいにつながる。

現在、私は療養病棟で介護業務に従事しています。生まれ育った地元が当院から近いこともあり、患者さんの中には顔見知りの方もいますし、私の祖父母と同級生だったという方もいらっしゃいます。そのため、病院のスタッフと患者さんの間にある壁はとても低くて、アットホームな関係が築けています。だからこそ日々の仕事に責任感が自然と生まれますし、患者さんのために自分ができることを精一杯やろうと思えます。もちろん患者さんと仲良くなりすぎてしまってつらくなる場面もありますが、だからこそ使命感と誇りを持ってこの仕事に打ち込んでいます。新しく入職される方はスタッフと患者さんの距離の近さに驚かれる方もいるかもしれませんが、温かい職場環境にすぐに溶け込めると思いますね。

 

スタッフ一丸となって、チーム医療に取り組む。

院長、ドクター、看護師といった部門の違うスタッフとも話しやすく、連携が取りやすいのも当院の特徴だと思います。当院では私たち介護福祉士は単に看護の補助者ではなく、チーム医療を支えるスペシャリストの一員という理解があり、患者さんから頼られることも感謝されることも多々あるので、仕事のやりがいは大きいと思います。チームワークの良い私たちですから、困ったことがあれば気軽に相談できていますし、家庭やプライベートと両立できる勤務時間や休みの取り方も相談ができるので、長く働ける環境は整っていると思います。それに当院のすぐ目の前には、沖縄の海が広がっている。頭の中を整理したい時や、肩の力を抜きたい時に、波の音を聞きに行けるのも魅力に感じていますね。

 

新規事業でも新しく入職される方に活躍してほしい。

私たちは今後さらなる地域の医療・介護サービスの充実のために、住宅型有料老人ホームを新たにつくることを目指しています。当院で働くスタッフとしても、患者さんの治療後の在宅ケアにつながる選択肢があることで、より親身になった医療サービスができると考えています。これからますます、医療の現場で私たち介護福祉士が培ってきた経験が必要になると思います。言い換えれば、他ではできない経験や活躍ができるということ。新規事業を通じて大きく成長できるチャンスがあるし、当院には開設以来築き上げてきた患者さんと地域に住まう方々との絆があります。その絆をより強く、太くするために新しく入職される方の活躍を期待しています。

交通アクセス

〒904-1304
沖縄県 国頭郡宜野座村 字漢那469

宜野座インターチェンジから車で3分

お電話でのお問い合わせ

098-968-3661

事務部(採用担当)